恋愛上手と恋愛下手の違いは、抜け感にあることをしっていますか。

 

~しなければならないとガチガチの思考だったり、どうせ私(俺)なんか・・・と、いじけてしまうと恋愛は遠のくばかり。

そこで何とかしようと思って調べると、恋愛依存症とか回避依存症という分野にたどり着くのですが、実はこういった依存的症状はオキシトシンという物質で緩和されるというデータがあります。

 

恋愛下手なのは性格のせいだから・・・と諦めてしまう前に、オキシトシンを増やしてみてはどうでしょうか。

 

幸せホルモンのオキシトシンで抜け感を手に入れる

恋愛上手になるために必要なのは適度な抜け感。

いつもモテる彼女や彼らたちは、いつも気楽そうに楽しそうに過ごしています。

 

どうやったら、あんな風になれるんだろう・・・?

 

そう感じたことはありませんか?

 

方法としては、トラウマ(心の傷)を癒したり、自分磨きをして自分に自信を持つこと、自分の価値を他人軸ではなく自分軸で決める習慣をつける、自分を好きになる、などがありますが、どれも精神論ばかりで正直、ちょっと辛いですよね・・・。

 

そこで、その辛さを軽減するサポートをしてくれるのが“オキシトシン”になります。

 

オキシトシンって一体何??

オキシトシンは恋愛ホルモン・幸せホルモンと呼ばれている愛情を司る脳内物質です。

 

オキシトシンが分泌されると、ストレスが緩和されてイライラが軽減されたり、情緒が安定して人間関係が円滑になったり、信頼関係が増して愛情が深まったりという効果がでます。

 

特に女性は育児に欠かせない物質で、赤ちゃんをみるとオキシトシンが大量に分泌されます。いわゆる深い愛情で母親が赤ちゃんと接することができるのは、このオキシトシンの作用のおかげでもあります。

 

そして、近年の研究では、オキシトシンは女性に特有のホルモンではなく男性にも存在することが分かってきました。

 

オキシトシンが増えた人の感想としては、「ほんわかとした優しい気持ちになって、何でも許せる」といいたものが多く、これはやはり適度に緊張感が抜けて、幸福感が上がってきている証でしょう。

 

自律神経を整えて安心感をUP

オキシトシンは脳に安らぎを感じさせる働きがあります。

脳が安らぎを感じる事によって、不安な気持ちが抑えられ穏やかな幸福感を感じることができます。

 

そうやって情緒が安定すると、自律神経が整えられストレスに対する耐性ができてイライラしたりドキドキしたりしなくなるのです。

そうすると他者に対する寛容さがでてくるので、お互いに気持ちよく過ごすことができ信頼関係を築きやすくなります。

 

コミュニケーションが上手く取れるようになる

オキシトシンは空気が読めない、他人の気持ちがわからないなど、他人との円滑な意思疎通が難しい障害(自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障害)を持っている人にも効果があると実証された成分です。

・会話がスムーズになる

・コミュニケーションに関わる脳部分が活発化する

といった変化が顕著に見られることから

・家族と良い関係を築きたいとき
・上司、同僚、部下と良好な関係を築きたいとき
・教師が生徒との信頼を築きたいとき
・苦手な友人と良い関係を築きたいとき

 

などにも有効だと考えられます。

 

人としての魅力がUPして異性との絆が深まる

今までの自分に自信を失くしていて、漠然とした不安や喪失感を感じているなら、それはオキシトシンが不足しているせいかも知れません。

本来なら何でもないことでも失敗したと落ち込んでしまったり、ちょっとした事で嫌われたと思ってしまうのは、日頃から漠然とした不安を抱えているからでしょう。

 

オキシトシンが増えると、親近感や信頼感が増すので人と接する時に笑顔が自然に出てくるようになります。

それが他人から見た時、とても魅力的に映るのです。

 

 

オキシトシンは心臓機能を高めて睡眠を促す作用もある

怒りで心拍数が上がると頭に血が上ってしまいますが、オキシトシンは心拍数を抑えるので血圧の上昇を防ぐ効果があります。

オキシトシンで血圧や心拍数を抑える事で、血中のストレスホルモンが減ることによってリラックス効果が生まれ、健康状態が保たれたり、適度な眠気と質の良い眠りを確保することができます。

 

いつも胸が不安で一杯で、考え始めると眠れない・寝ても寝た気がしないというのは、心拍数や血中のストレスが影響しているのかも知れません。

 

安心した気持ちでゆっくりと眠りにつく。それを叶えてくれるのがオキシトシンなのです。

オキシトシンは依存症の緩和にも役立つ

人は誰もが何かに依存している・・・というのは私の見解ですが、それも度を過ぎてしまうのはやはり“不安”が心のどこかにあるからです。

 

その不安を抱えている人と抱えていない人の違いは、オキシトシンの分泌量にあるのかも知れません。

 

最近では、アルコール依存症などの依存患者を対象とした実験結果も発表されていて、これから禁酒や禁煙などに対してその実力を発揮していくことでしょう。

 

もちろん不安感や喪失感から始まってしまうSNSなどの依存症にも効果を期待したいところです。

オキシトシンの分泌量を増やす方法

オキシトシンを増やす食べ物は・・・特にありません。オキシトシンは食べ物などから増えるのではなく、人と触れ合うことによって増える物質です。

 

頭を撫でたり撫でられたり、ハグをしたり、もちろん性交渉で子宮頚部が刺激されることでも分泌が促されます。セックスをすると長生きできるというのは、ここから来ているのかも知れませんね。

 

 

でも性交渉やパートナーとのスキンシップでなくても、ペットと触れ合ったり、家族団らんでの食事や気が合う仲間たちとスポーツなどの趣味をすることでもオキシトシンは増えると言われています。

 

唯一、他者との交流でオキシトシンが分泌されないのは、気の合わない人と会っている時です。

そんな時は意識して、マッサージをしたりなどして、オキシトシンの分泌を意識すると良いかも知れません。

 

恋愛ドラマや映画・小説でもオキシトシンは増える

ドラマや映画を観たり、小説を読むことは、自分が経験するのと同じ効果を持つと言われていますが、もちろんオキシトシンも観たり読んだりすることで分泌が促されます。

その他にも、スポーツをしたり何か新しいことを始めたりと、脳を刺激することが大切です。

 

そう考えると、旅行や散歩なども脳に刺激を与えるので、好きな事から始めていくと良いでしょう。

さらにオキシトシンは、近隣の細胞を刺激しながら増えていく性質があります。そして、一定の分泌量を超えると脳の下垂体紅葉から分泌されるようになります。

 

【オキシトシン・ラブ】二人の距離が近くなる、愛のホルモン配合。の口コミで、1本飲み終えた頃にほわんとした気分になることができた、というのが多いのはそのせいかもしれません。

 

リラックス効果が気に入って、日常的に使用しているという人も多いですよ。

 

オキシトシンで今までの人生の損を取り戻す

人前に出て緊張してしまうと、どんどん内向的になってしまい損してしまうことって案外多いですよね。

 

恋愛はもちろんですが、仕事で営業やプレゼンをしたり、チームリーダーに抜擢されたり。そんな時、穏やかな優しい気持ちで接することで成功率はかなり上がるのに、

 

失敗が怖くて緊張して、イライラしたり落ち込んだり、情緒不安定になってしまうと信頼を失うことにも繋がってしまいます。

 

全てはオキシトシンが不足しているせいだとしたら?

 

オキシトシンを摂取すればよい。

 

答えが出ましたね^^

 

オキシトシン(媚薬)については、需要の多い海外製品のものが質が良くて価格も安いのでおすすめです。

需要が多い⇒大量生産するので質の良いものを安く作ることができる

 

人気のオキシトシン
【オキシトシン・ラブ】二人の距離が近くなる、愛のホルモン配合。